NPO法人コンベンション静岡「組織概要」

設立の背景

2002年の静岡県立静岡がんセンター開院以来、静岡がんセンターやファルマバレーセンターに対し、国内外から学術集会や研究会、シンポジウム等の開催依頼が増加しておりました。これに対して、静岡県東部地区にはこれらの開催をサポートできるPCO(Professional Congress Organizer)が皆無であったため、やむなく都市部で開催することもありました。こうした経緯から2006年「東部地区学会誘致支援研究会」が立ち上げられました。

「東部地区学会誘致支援研究会」は、ぬまづ産業振興プラザ、特定非営利法人沼津観光協会、しずおかクリエイティブ協同組合の三者を中心に、静岡がんセンター、ファルマバレーセンター等の助言を受け結成されたもので、特定非営利法人化する2009年6月までの間、県東部地区の多くの学会、研究会等の運営をサポートしてまいりました。

2006年からの実績を踏まえ、2009年6月に前身である「東部地区学会誘致支援研究会」を法人化し、特定非営利活動法人コンベンション静岡が設立されました。法人化と共に、運営に必要な機材等を扱う技術者も拡充し現在に至っております。

このページの上に戻る